無垢床材の魅力 

以前勤めていたホルツェン神戸は、エコ建材を扱う会社でした。もともと、北欧(スェーデンやノルウェー)から床材やドアを輸入する商社でしたが、自然素材の建材を紹介するうちに、北欧やドイツの環境に対する意識の高さに触れ、エコ建材を中心としたラインナップとなりました。

北欧パイン無垢床材は、循環型


産地であるスェーデンでは、パインの森が畑のように管理されています。木を伐採する量を定め、それに応じて植林する循環型のシステムです。山の多い日本に比べ、森が平地にあるので重機が使いやすく、機械化も進んでいました。
しかしながら、スェーデンから日本まではるばる 船で運んでくる材料なので、地産地消の考えから批判されることもありました。今では、杉の無垢床材が、エコ建材の代表でしょうか。日本の森も、スェーデンのように循環型の森になったらいいなぁ。実際、日本の里山を守ろうと地道に努力されている林業組合も多くなっています。それでも、住宅の流通量からすると採用件数は少数派ですが・・・

クレームの嵐?!

エコ建材として自信を持ってお届けできるパイン床材でしたが、日本の市場では、なかなか受け入れられませんでした。

「無塗装です。現場でオイル塗装お願いします。」
「現場で床貼ってから塗るんか!手間代はどうするんや!」

「節がいっぱいあります。節の穴が空いた部分は、カットしてください。」
「不良品を売るんか!なめとんか!」

「木が伸び縮みするので、壁から空かして施工してください。」
「大工が責任持てんと言ってる!施工する大工 連れてこい!」

現場に納品する前から、こんな調子です。
施工した後も いろいろあって

「溝に隙間が出来た!」
(自然素材だから・・・と思いつつ 謝る)

「お醤油こぼしたら、シミになって取れない!」
(オイル仕上げだから、早く拭かないと・・・と思いつつ 謝る)

「お客さんが、イメージと違うと言ってる!」
(自然素材とのコーディネートに問題が・・・と思いつつ 謝る)

何度、現場まで謝りに行ったことか・・・。
同僚と 売りたくないよねと愚痴をこぼしていました。が、自然素材が注目され出した頃で、雑誌に掲載されるなど、問い合わせが後を立ちませんでした。

自然素材の魅力

それでも、エコ意識の高い建築家の方から愛用者が増え、自然素材を前向きに採用する工務店とご縁ができていきました。

2度と使うか!と捨て台詞を言われることもありましたが、その場合、現場に行くと パイン床材が、かわいそうなぐらい ダサい!!

反対に、雑誌に載るような著名な建築家の方に採用していただくと、なんて素敵なパイン床材なんでしょう!!と 惚れ惚れします。自然素材の触感や均一でない豊かな表情が、「味わい」と「深み」を与えています。

同じ材料なのに、どこが違うんだろう・・・・と不思議に思っていたのですが、

だんだんと 理由がわかってきました。

オイル仕上げの質感を理解すること。質感です!!

ファッションでいうと 麻のワンピースを素敵に着こなせるかどうかです。

無垢材は、経年変化で飴色に変化し、「味わい深く」なります。
パイン床材を販売しているときは、素敵にしてくれる方、大切にしてくれる方のところに嫁いでね!と 子供をお嫁に出す気分で、仕事していました。
クレームは多かったけど、無垢材の魅力を知ると、自分の子供のように愛おしいです。

シックハウスになる前に

シックハウス症候群をご存知でしょうか。

シックハウス症候群とは、新築の住居で起こる 頭痛・喉の痛みなどの症状が現れる健康不良の呼び名です。建材に含まれる揮発性の化学物質がシックハウスの原因とされ、新築で使われる建材に関心が高まりました。

以前勤めていたホルツェン神戸は、シックハウスが問題になった当時、エコ建材しか扱わない会社として注目され、雑誌などの特集に掲載されました。いろいろなイベントや展示会にご招待頂き、その分野で活躍する大学教授や建築家とお話しする機会もありました。また、シックハウス症候群の方からのご相談にのるお仕事もさせていただきました。

シックハウス症候群の方は ちょっとした匂いにも反応します。症状が出て(頭痛・吐き気など)電車に乗ることもできません。人に話しかけられても、逃ださずにいられないのです。お化粧の匂いや整髪料といったありきたりの匂いにも我慢できずに・・・話しかけた人がびっくりしますよね。私も仕事でお会いする時は、化粧を控え、整髪料も天然のオイルなど、気を配りました。日常生活が普通に送れないことで、職を失う方もいらっしゃいました。

シックハウスを問題提起し、「ナチュラルハウスをつくろう」著者の足立和郎先生が、ホルツェン神戸のアドバイザーでもありました。ご本人もシックハウス症候群に悩まされており、エコ建材で、シックハウス症候群を克服できると 全て自然素材を使った家を新築しましたが、より症状が悪くなってしまいました。高野槙でできた風呂桶、杉の無垢材、土壁、自然由来であっても、匂い(揮発性物質)に反応するようです。

では、自然素材は、シックハウス問題に 役に立たないのでしょうか。

実際に シックハウス症候群の方に 原因を聞くと

職場で火事があり、大量の煙を吸った後から 症状がでた方
着物の染色の仕事をしていた過去があり、化学染料に触れる機会が多かった方
もちろん、新築をきっかけに症状がでた方もいらっしゃいました。

どうも、人体には、許容量というものがあるようです。
個人個人、発症の可能性はあるが、どこまで溜め込んでいるか 生活環境だけでなく体質も深く関わっています。

許容量のイメージ

ひとりだけ、シックハウス症候群を好転させた看護師の方にお会いしました。北里大学病院のアドバイスで、とにかく汗をかく努力をされたとのことです。サウナスーツを着て、雑巾がけなど家中を動き回って 汗を出したそうです。
汗をかくことは、解毒作用として重要だと改めて知りました。

私も、化学物質の匂いに敏感で、花粉症もありアレルギー体質といえます。改装したての店舗など、接着剤や塗料に揮発性の化学物質が使われています。匂いがきつく感じる時は、長居を避け、開店から時間をおいて行くようにしています。体調が悪化する恐れがあると知っていれば、対処の仕方があります。

人体からの警告を見逃さない ことが一番大切です。

出来るだけ 気をつけたいこと

  1. 揮発性の化学物質を避ける
  2. 汗をかくなど、人体の解毒作用を活発に行う
  3. 食べ物・飲み物は、添加物の少ないものを選ぶ
  4. シャンプーや歯磨き粉などはシンプルな原料で充分、宣伝に惑わされない
  5. 自分の体調に敏感になる

本来なら、木の香りは、リラックス効果があります。自然の香りと人工的な香りの差を肌で感じます。

自分の身体に素直に反応して、純度の高い暮らしをしたいものです。

 

インテリアの秘訣2 床編

インテリアのベースとなる床を選ぶ場合
床材の素材のを単体で選ぶと失敗します。

関係の深い建具(ドアや家具の面材)と質感を統一しましょう。

床と建具の組合せのルールを知ろう!

 

基本のルールは、同じ面材でそろえることです。
ここでは、
高級無垢床材
針葉樹の無垢材
化粧シートの床材
畳 の4種類に分けてみました。

畳を仲間に入れたのは、建具が部屋と部屋をつなぐアイテムで、畳の部屋と洋室が隣り合わせの場合、建具の選定がセンスを左右するからです。(設計士として一番悩みどころ、腕の見せ所です。)

化粧シートの建材との組み合わせ

メーカー品(ダイケン・パナソニック・永大等)の建材は、一番流通しており、デザインも豊富にあります。ただし、ほとんどが、化粧シートのプリント面材です。同じメーカーの同じシリーズの同じ色と組み合わせることが基本となります。和室と洋室の間の建具もラインナップがあります。無垢の床材とは、質感や経年変化が異なるため、相性がよくありません。

マットな塗装面材との組み合わせ

欧米のでよく見かけるタイプのドアです。木質の面材ですと色が豊富に選べるため、インテリアの幅が広がります。化粧シートとの組み合わせは、異素材(木目でないシート・鏡面仕上げなど)と組み合わせるとうまくいきます。畳と合わせる場合は、本格的和風にせず、和モダンスタイルなどで敷居のない建具で対応すればセンス良く見えます。

木目のある塗装の面材との組み合わせ

色を入れるだけでなく、木目がそのまま表れるクリア塗装も含みます。高級無垢床材(ウォールナットやメープルなど)との組み合わせは、下地の材料にもよります。よく使われるシナ合板の場合だと、床材と比べ見劣りするのでお勧めできません。日本のメーカー品では、ウッドワンがパインの無垢建具を扱っており、無垢床材との相性が良い商品で、重宝しています。

難易度ナンバーワン
高級無垢床材・・・・チーク・ウォールナット・メープルなど
同じ面材の建具で揃えるのは、敷居の高いクラシックホテルでもなかなか見かけません。質感のそろう無垢建材では、ウッドワンの建具が重宝しました。造作家具には、大理石や御影石などの違う材種・鏡面仕上げの化粧シートなど、異素材します。シナ合板では、床材に比べ見劣りし、おすすめしません。コーディメートの難易度ナンバーワンです。

廉価度ナンバーワン
プリント合板の床材・・・一般流通品
パナソニックやダイケンなど、メーカー品が豊富にあります。大量生産の商品なので、廉価です。しかし、造作家具を提案するとき、同じメーカーのカタログから選ぶという限界があります。同じプリントを使った家具を特注すると値段が高くなります。大工さんに現場で製作してもらうという自由度がありません。シナ合板や集成材とまぜこぜで使用すると、とんでもないバラバラ感になり おすすめしません。
インテリアコーディネーターとしては、絶対避けたいセンスのなさです。

自由度ナンバーワン
杉やパインなどの軟らかい床材
軟杉やパインの床材は、針葉樹で、広葉樹の床材と比べ軟らかいという難点はありますが、軟らかい=加工しやすい・大工造作しやすいという特徴があります。造作建具や家具を計画するとき、お勧めしやすい建材です。

ショールームでは、杉の無垢床材を採用しています。お手入れの仕方にコツがありますが、足触りの良さが好評です。是非、体感してみてください。